受講生の声 ご参考にして下さい-通訳スクールは、京都のイクサス通訳スクールへ

 受講生の声 ご参考にして下さい

※メッセージ、写真はすべて、ご本人の承諾をいただいて、掲載しております。

IMG-0061

Sarah Ogasawara さん (通訳者)

サラさん (写真右側)は、スイス連邦のチューリッヒ大学(University of Zurich)で応用科学を専攻されて、大学で会議通訳の正式な訓練を受けて、ヨーロッパでプロの通訳者として活躍されていました。現在、私が日本語・英語の逐次・同時通訳を指導しています。過去にも、何人か外国人通訳者の養成を手がけてきましたが、いくら日常会話レベルで日本語が流暢であっても、専門会議レベルで日英・英日通訳ができる外国人通訳者は少数です。サラさんは、 ドイツ語が母国語で、そのほかにフランス語・スペイン語を専門に通訳されています。日本に滞在中に日本語の通訳技能を磨きたいという要望で本校に通われています。

 

 

IMG-0146

 

垣沼希依子 さん  (英語教師・プロ通訳養成科受講)

私がイクサス通訳スクールを知ったきっかけは夏の単発セミナーでした。私は自分自身が教える立場にありますので、自分が教わる際の教師の熱意や誠意、あるいは語学レベルについてはやや敏感に感じ取るところがあるかもしれません。その時私が受講したのはたった二日間でしたが、プロとして数々の現場を踏んでこられた広田先生の説得力のある授業と、後進の通訳者を育てようという熱意に触れ、「学ぶならここだ」と思ったのを覚えています。

プロ養成科の授業では、プロとして現場に出た際に必要とされる日英の言語運用力や通訳技術、そして心構えについて、実践を視野に入れた指導が受けられます。指導の広田先生は出し惜しみすることなく、ご自分の経験に基づいて通訳現場の実際を(厳しさも、励ましも、裏話も)教えてくださり、またプロならばどう訳すかという模範を実践してみせてくださるので、毎回、自分の力不足に打ちのめされつつも、「なるほど」と唸らされ、「やっぱり訳すことは奥深くて面白い」と思わされるのです。

私にとって通訳者になることはいわば、長年「先延ばしにしてきた夢」です。あと10年早く始めていたらと思うこともありますが、その分、今「夢」を「目標」に置き換えて学べることは喜びであり、イクサスとの出会いに感謝しています。ですから時間がかかっても、実質を備えたプロ通訳者になれるよう努力していきたいと思っています。

 

安藤和美さん (外資系企業・秘書課勤務・プロ通訳者養成科受講)

(OJT 体験)

スクールからOJTのお話をいただいたとき、好奇心と不安で複雑な気持ちでしたが、思い切って通訳の現場に出てみることにしました。広田先生の「誰にでも最初はある」というお言葉に強く後押しされました。私の通訳スキルを未熟ながらも、信頼しておっしゃってくださっているので、初めて先輩の会議通訳者の方々と公開講演会の通訳をやってみることにしました。わたしなりに通訳する内容を出来るだけ時間をかけて準備をして臨みましたが 、それでも緊張で声が小さくなかったり、わずかのミスにも過剰に神経質になっている自分に気づき、先輩のプロ通訳者の方たちの迷惑になっているのではと、ずっと心配でした。でも通訳がなんとか無事に終わると、私の「苦労」を先輩たちはねぎらってくださいました。そのときはじめて達成感のようなものを実感して、これからもっと勉強をして通訳をプロとしてやっていきたいという気持ちになりました。教室と現場の大きな違いにも気づきましたし、仕事の責任を身をもって体験できたことはOJTの一番の成果でした。

 

難波千秋さん (メーカー勤務・通訳トレーニング科受講)



授業では、通訳になるためにはどういうスキルが求められ、どういう勉強法が必要か、先生方が的確に教えてくださいます。私はこの通訳レッスンに通い始めて、今までの自分のリスニングがいかに適当で、聞いたつもりになっているだけで実際は精聴できていなかったかを実感しました。
また授業を受けることで、気持ちの面でも大きく支えられています。特に広田先生のお話は、ご自身の通訳者としての経験談なども満載でとても面白く、授業後にはいつも「もっと頑張ろう」というモチベーションを感じることが出来ます。道のりは長いですが、少しずつ努力を重ねていきたいと思っています。先生方、これからもよろしくお願いします。

(OJT 体験)

OJTで生きた通訳の現場に触れることが出来て、とても良かったと思っています。

まず、”Englishes”ということをよく広田先生が授業でおっしゃっていますが、それを肌で感じることが出来ました。私が行った日の仕事の内容上、様々な国籍の方の英語を通訳せねばならず、自分にとって聞き取りにくいもの、聞き取りやすいもの色々あることを感じました。通訳として介入している以上、どんな英語でもスムーズに伝えることができないといけません。この経験を通して、アメリカ英語だけではなく様々なアクセントに慣れるよう普段の学習方法を見直すようになりました。また、場のTPOも考えました。安易な直訳がNGなのは当たり前ですが、どのような伝え方が相応しいのか、場面に応じて言葉を操れることが必要だと、改めて思いました。もちろんそれ以前の自分の総合的な英語力も、もっと向上させなければいけないという、今後の動機付けにもなりました。通訳という立場には何が求められるのか、まさに現場で学びを得られたOJTは、私にとってとても有意義な経験でした。

 

中嶋陽子 (プロ通訳者養成科受講)

(OJT 体験)

スクールで通訳の授業を受けて約1年半になり、先日、初めて通訳OJTの機会をいただきました。アメリカ人への不動産売買のため、契約書と重要事項説明書の読み合わせに立ち会うというものでしたが、この仕事の話をいただいたときは非常に緊張し、2時間の通訳に丸2日かけて準備しました。事前に契約書が送られ、わからない箇所は調べていたため、大きな問題なく通訳することができたのですが、当日、重要事項説明書も初見で訳さなければならず、かなり戸惑いました。事前にいただく資料以外にもあらゆる可能性を想定して準備することの大切さを痛感しました。その後、交渉の場での通訳OJTも経験させていただきましたが、これらの経験は自分にとって大きな刺激になりました。今後、どんな場面でも通訳できるよう、引き続き研鑽していきたいと思います。

 

松山美智代さん(外資系メーカー勤務・プロ通訳者養成科受講)



私は外資系の機械メーカーで、社内通訳の仕事をしています。
私がこのスクールでトレーニングを受けるようになってから、仕事の取り組み方に良い影響を与えてくれたことは、メモを取ることの重要性を認識できたことです。授業では、まだまだ不十分ではありますが、仕事上では出てくる語彙にも慣れていることから、比較的メモの取り方に余裕を持つことができるようになりつつあります。
特に英語から日本語への通訳の際には、そのメモの完成度が高いほど、通訳の精度が上がることを実感します。
このような事柄は、通訳に携わる人たちの中ではごく当たり前のことなのかもしれませんが、少しの意識の変化によって、業務に取り組む姿勢やその結果がこれほど左右されるとは思いませんでした。今後、さらにこうした意識を大切にするとともに、自己のさらなるスキル向上を目指したいと思っています。

 

斉藤あづさ さん (メーカー秘書課勤務・通訳トレーニング科受講)

会社の英語研修でスクールの先生方とお会いしました。通訳トレーニングの方法を使った英語コミュニケーション力を伸ばす研修です。研修が終わってからも、自分の英語力にもっと磨きをかけたくて、スクールに入学しました。研修よりもクラスは少人数なので発話の機会が多くて、充実感があります。勉強を続けていくうちに、通訳という仕事に興味が湧いてきました。


谷崎智子さん (メーカー勤務・通訳トレーニング科受講)

取り扱うテーマが幅広く、トレーニングの種類も様々なので、いつも授業が楽しみです。
できない時にも先生が優しく励ましてくださるので、めげることなく「よし頑張ろう!」という気持ちになります。
先生との距離が近く、質問や相談が気軽にできるのもよいところです。


山本美香さん  (大学生・通訳トレーニング科受講)


大学の留学プログラムでカナダに行って、勉強してきましたが、まだまだ満足できる英語力が身に付いていないことに気づいていました。
大手の英会話学校にしばらく通っていましたが、楽しく英語でおしゃべりするだけで終わってしまうレッスンに物足りなさを感じていたところ、友人の紹介でこのスクールの通訳トレーニング科に入りました。
英語力の不足だけでなくって、授業で使われるスピーチやインタビューの内容を聞き取るのに必要な知識がないことを痛感させられています。
先日、カナダ人の友だちに日本の米軍基地や領土問題についてかなり説明できたのは、このクラスで学んでいるおかげです。

 

大橋史子さん (研究室秘書・通訳トレーニング科受講)

通訳の勉強を始めたばかりです。授業ではまず聴くことの大切さを教わりました。英語だけに限らず、日本語でも話を聴いているつもりが聞き流してしまっていた自分に気付かされました。話し手が何を伝えたいのかを正しく掴み、そして訳出することを心掛けています。
勉強することは沢山あり大変ですが、プロの通訳者の先生の授業からは学ぶことが多くて、とても興味深く、視野が広がります。また志を同じくする受講生たちと一緒に受ける授業は良い刺激となっています。

 

IELTS、TOEFLに特化した各種英語試験対策専門学校 京都校

各種試験対策専門校 J's School of English

英語試験対策 IELTSとTOEFLに特化した専門レッスンを行っています。 留学に必要な英語力を養成する本格的なプログラムも用意しております。

ビジネス通訳検定

京都のイクサス・インターナショナルのFacebook

京都の株式会社イクサス・インターナショナル

株式会社
イクサス・インターナショナル

〒600-8009

京都市下京区四条通り室町東入ル函谷鉾町83 第三田源ビル4F

TEL:075-253-6988


ページトップへ戻る